海外旅行に個人で行きたい!

英語が話せなくても個人で海外旅行が出来る!【聴覚障害者の視点】

 

英語が話せなくても個人で海外に行ける?

 

こんにちは!耳が聞こえないブロガーこと、星夜見ほしよみです。

 

海外旅行に個人で行きたいけど・・・英語が分からないよ。

 

言葉が通じなくても、相手の言っていることが分からなくても、
海外に行って大丈夫なの?

 

何かあった時、英語が話せないのにどうするのかしら?

 

ほしよみ
分かるよ・・・!ぼくも海外に行くたびに、そんな不安がよぎって躊躇してしまうんだ。

 

今回は、そういった悩みを抱えている方に向けて、耳が聞こえないぼくの視点と考えから、お話していきたいと思います!
ぼくは、今までアジアを中心に、ツアーを使わずに一人で旅行に行ったことがありますが、全く英語は話せません!
簡単な単語なら少し分かる程度です。

 

工夫すれば英語が分からなくても大丈夫!

 

結論から言うと、言葉が通じなくても、工夫すれば個人でも問題なく海外に行くことは出来ます!

 

ぼくは耳が聞こえないので、なかなか相手の言っていることが読み取れなかったり、ぼくの話していることも相手に伝わらなかったりと、日本の中にいてもコミュニケーションが大変だったりします。

だからこそ、日常生活で色んな工夫をしています。

それは、海外に行っても変わりませんでした!

(もちろん日本のほうが、言葉のやり取りが快適なのは言うまでもありません。)

 

どんな工夫をすれば良いの?

 

ぼくが今まで海外に行ったときに、やってきた工夫は

  • 一番大切なこと(マナーと礼儀)
  • 最低限、訪問する国の挨拶言葉は覚える
  • 手振り身振り・指さし
  • 翻訳アプリを使う
  • 筆談用のメモ帳をもっていく
  • オプショナルツアーに参加する

ざっとこんな感じです。

ひとつずつ、詳しく説明していきますね!

 

一番大切なこと(マナーと礼儀)

 

まず、一番大切なことなのですが、

ぼくたちが海外に行くということは、他人の家にお邪魔するのと同じようなものです。

「郷に入っては郷に従え」という言葉があるように、その国にはその国のマナーや考え方があります。

日本では常識であることも、外国では非常識なんてこともあります。

お邪魔する身なのですから、訪問する国のマナーや気をつけたほうが良いことは前もってしっかり調べて、マナーを守るということを忘れないようにしたいですね!

 

そして、生まれた国は違っても同じ人間。

ぼくたち、日本人同士でも、相手が失礼な態度をとっていると良い気分にはなりませんよね?

それは外国の方々も当然同じです。

外国の方々に接するときも、笑顔で礼儀正しく接していれば、快く応えてくれることが多いですよ!

 

これを読んで「何を当たり前なことを」と思った方は、海外に行っても大丈夫だと信じています。

当たり前で、基本中の基本ですが、海外に行くとそれを忘れてしまう人もいるので、意識しておきたいことの一つですね。

 

最低限、訪問する国の挨拶言葉は覚える

 

これも基本中の基本ですが、片言でも良いので訪問する国の挨拶言葉は覚えましょう!

絶対に覚えておきたい言葉は、「ありがとう」「こんにちは」「おいしい」です。

 

あなたも、外国から来られた方に、片言でも「アリガト」って言われると、すごくほっこりするし嬉しいですよね?

それは外国でも同じ!訪問する国の言葉で言えるか言えないかで、相手の反応もかなり違ってきます!

 

ぼくは台湾に行った時、英語の「Thank you」でもなく、中国語の「謝謝(シェシェ)」でもなく、台湾語の「多謝(トォーシェ)」を使うようにしていたら、ほぼ必ず台湾の方々は満面の笑みを浮かべて喜んでくれました!

ベトナムでも「カァムオン」と言ったら、ニコッと笑ってくれる場面が多かったです。

意外とそういった小さなことが、後々になってもずっと印象に残っていて、忘れられない素敵な思い出になるのです!

 

手振り身振り・指さし

 

ぼくたち耳が聞こえない人同士では、日常的に手話やジェスチャーを使っていますが、

恐らく健聴者の方は日本では、ほとんど手振り身振りをする機会はあまりないのではないでしょうか?

でも、海外では相手に伝わるように、どんなジェスチャーなら伝わるのか想像力を働かせて、大いに活用したほうが良い武器になります

 

例えば、ぼくは耳が聞こえないことで発音が悪いので、日本と同様に海外でもちゃんと相手に伝わるかどうかは分かりません。

なので、訪問した国の言葉で「ありがとう」と言いつつも、タイでよく使われている胸のあたりで手を合わせる、感謝を示すジェスチャーをするようにしていました。

すると、ジェスチャーだけでも、感謝してることが相手に伝わっていましたよ!

 

 

それから、指さし。

これは飲食店や、場所を聞いたりする時によく使います!

メニューや地図あるいはガイドブックなどを相手に見せて、食べたいものや行きたい場所を指さします。

それだけで、大抵はこちらの言いたいことが相手に伝わります。

 

例えば、目的地に向かうバスや電車に乗りたいけれど、それがどのバス・電車なのかが分からない・・・。

そんな時には、知ってそうな人に持っている切符や目的地の地図を見せて、それを指さしながら首を傾げつつ、自分の思う正解のバス停とかホームを指さします。

そうすれば、こちらの聞きたいことを理解してくれて、教えてくれました!

 

翻訳アプリを使う

 

先ほど、手振り身振りと指さしを、有効に使う方法をお話しました。

でも、それだけでは相手によっては、伝わらないこともあり限界がありますよね?

ジェスチャーだけでは出来ない深く掘り下げたお話がしたい時、もう少し詳しく聞きたい時などは、

翻訳アプリを使って伝えたいことを入力して、スマホの画面を相手に見せるのです!

 

翻訳アプリといえば、グーグル翻訳が有名ですね!

グーグル翻訳は100以上の言語を翻訳したり、カメラで撮影した文章を翻訳出来るので、すごく便利です!

でも、普通に伝えたい内容を入力して翻訳するだけなら、

日本語を中国語に翻訳したものを再翻訳

こんなふうに、正確に翻訳されているかどうかを知るためには、いちいちコピペして再翻訳する必要があるのです。

その方法が大変だったので、自分でやらなくても勝手に再翻訳出来るアプリを探しました!

 

それが・・・こちら!

VoiceTraのバナー

VoiceTraというアプリなのですが、このアプリを開発した情報通信研究機構(NICT)さんは、聴覚障害者が健聴者とスムーズにコミュニケーションが取れる「こえとら」というアプリの開発もしてくれています!

 

VoiceTraは、このように翻訳した内容を、勝手に日本語に再翻訳してくれます!

再翻訳された内容を見ると、自分の伝えたい言葉が正確に翻訳されていることが分かりますね。

ただ、グーグル翻訳に比べると翻訳出来る言語が31ヶ国と少ないです。なので、併用して使い分けると便利です!

そして、これらの翻訳アプリは、音声入力も出来るので文字入力が煩わしい人にもオススメできます。

 

筆談用のメモ帳をもっていく

 

先ほど、翻訳アプリを使えば、もっと深く掘り下げた会話が出来るとお話しましたね!

でも・・・訪問する国によっては治安が悪くて、無防備にスマホを相手にさらすと、引ったくられるような危険もあります

 

メモ帳

そんな時に活躍するのが筆談用のメモ帳です!

人に声をかける前に、安全な場所で質問したい内容を翻訳した上で、メモ帳にかいておくのです。

安全な場所とは、トイレのなか、道路から離れたところ、建物の壁を背にした状態で自分の周りに人がいないことなどが挙げられます。

そして、何よりそのメモ帳を旅から帰った後に見ると、親切に教えてもらった人たちの顔が浮かんできて思い出が蘇ってきますよ!

 

オプショナルツアーに参加する

 

オプショナルツアーというのは、旅行期間中ずっと引率してくれるツアーとは違い、1日だけ参加するツアーのことです。

 

今まで取り上げてきた工夫で、分からないことがあっても、海外の人とコミュニケーションが取れることをお話してきました。

本当に心優しい人や、気さくな民宿の人とかなら、翻訳アプリで根気強くお話に付き合ってくれることもあります。

でも、残念ながら・・・自分の口で英語が喋れない以上、誰とでもお互いの深い話が出来るわけではありません。

 

「せっかく海外に行くのだから、外国の人ともっと深く触れ合いたいよ!!」

 

そう思っているのなら、旅行している期間のうち何日かはオプショナルツアーに参加するのも選択肢の1つです。

何故なら、オプショナルツアーの日本語ガイドさんは現地の方が多く、日本語も流暢に喋れることが多いので、海外の人と深く触れ合うことが出来るからです!

 

ぼくが毎回お世話になっているオプショナルツアー会社は、VELTRAさんです!


ぼくは耳が聞こえないので、どうしても周りの方に協力してもらわないと、ツアーに参加してもガイドさんの話していることが分からない・・・大丈夫だろうか?と思っていました。

そこでVELTRAさんにメールで、「耳が聞こえないのでご協力を頂けませんか?」とお願いしたところ、誠実に対応してくださいました!

全てのツアーであらかじめ説明の内容を書いた紙を用意してくれたり、ぼくにも分かるようにゆっくり話してくれたり、本当に親切に対応してくださったVELTRAさん。安心して利用することが出来て、とてもオススメです!

 

ベトナムのタムコック

上の写真はベトナムのタムコックという、ゆるやかな川の間に奇岩が沢山そびえたっていて、穏やかな時間の流れる場所です。

 

ぼくはタムコックへ行く時に、オプショナルツアーを利用しました!

そしたら、ベトナム人の若い男性が、まるで昔からの友達かのように、会ったときから気さくに親しげに接してくれました!

スマホで文章を打ち合って、お互いの身の上の話やベトナムの生活のこと、日本のことなどを深くお話することが出来て、最高で忘れられない思い出ができたのです!

 

もし個人で旅をするなら、オプショナルツアーにはぜひ参加してみてほしいです!!

 

まとめ

 

「英語なんて喋れないし分からない。海外に行きたいけど怖い・・・。」

その気持ちは、よーーーーーーく分かります!ぼくがそうでした!!

実際、一人での海外旅行に慣れてきたぼくでも、日本から飛び立つ前までは、不安で不安で胃がイタタ・・・ってなることが多いんです!

 

でも、いざ飛行機に乗ったら、

勇気を出して1歩踏み出してみたら、

思っていたよりは何ともないし、それどころか今まで知らなかった世界を知ることが出来て、ワクワクが溢れて止まらなくなります!!

 

海外に行きたいと思っているのに、英語ができないからってだけで諦めてしまうのは、もったいないです!

日本語が喋れる人もそれなりにいる親日国・台湾やハワイ、治安と雰囲気が良いタイなんかは初めての海外旅行におススメです!

まずは航空券を「えいっ!」って取ってしまいましょう。

そしたら、海外に行くしかなくなるので、自然に覚悟ができますよーー!